硬貨と貯金箱

質の良いマンション管理会社の選び方を伝授

新しい家賃保証システム

ウーマン

連帯保証人なしでも安心

近年、賃貸住宅業界において大きなトレンドとなっているのが、家賃債務保証システムの導入です。家賃債務保証とは、入居者が賃貸物件の所有者に対して負っている家賃債務の支払いを、第三者が保証するというものです。入居者が万が一家賃を納付しなかった場合は、入居者に代わって債務を弁済することになります。所有者にとっては、連帯保証人がいなくても滞納家賃が回収不能になってしまうリスクを軽減できるとして人気を呼んでいます。家賃債務保証は、賃貸保証会社という専門事業者が請け負います。賃貸保証会社は所有者との間に保証契約を、入居者との間に保証委託契約をそれぞれ締結することにより、事業として保証業務を手がけます。諸経費は入居者が支払う保証料によって賄われます。

高齢者等の入居時に最適

家賃債務保証は、1990年代に公法人の行う事業としてスタートしましたが、現在では民間にも広く普及しています。その背景には、賃貸住宅の利用者に高齢者や外国人が増えてきたという事情があります。賃貸住宅の入居時には連帯保証人を立てるのが通例となっていますが、これには親兄弟など入居者にとっての身近な親族で、経済的に安定した者が選ばれるのが一般的です。しかし高齢者や外国人等にあっては、こうしたケースに該当する者がなかなか見当たらず、契約を結ぶ際にトラブルとなりがちでした。家賃債務保証は、この問題を解決するための手段として生み出されたシステムです。連帯保証人なしでも入居を可能にすることで、賃貸住宅のスムーズな利用を促すとともに、物件所有者と入居者の双方に安心をもたらす制度となっています。